プロジェクト志向のメリットを勉強

プログラムを学ぶ際には、「分かりやすいから、プロジェクト志向でいきたい」と考えてる方も多いと思います。
初心者によっては、プロジェクト志向というのは、とても入りすいですよね。
では、プロジェクト志向にはどういったメリットがあるのか、見てみましょう。

・プロジェクト志向の場合には、強度を高くすることが出来、結合度を上げられる
・プログラムを行う際、仕様変更なども行いやすい
・プログラムを作成し、その後他のプログラムを行う際に再利用することが可能
・プログラムをチェックする際、分かりやすい
・プログラムテストを行う際、時間を短縮できる

といった様々なメリットを得ることが出来ます。
プログラムを作成する際、オリジナルで作成することも可能ですが、こういったプログラムの場合には、他の方が見ると分かりにくいという点が上げられます。
プログラム志向で作成していけば、誰が見てもすぐにどういったプログラムが作られているかを判断することが出来、トラブルなどが起こった際、作成者以外の方が対応しても、対応しやすいといえるでしょう。

プログラムを行う際には、個性的な物を作るのもプログラマーにとっては魅力的ではありますが、利用する方や管理をする方にとっては、「誰が見ても分かりやすいもの」を作ることも大切となります。
その点、オブジェクト指向で作成していけば、これらをクリアすることが出来るでしょう。
時には、クライアントの意向により内容がガラッと変更となってしまうこともあります。そんな時、オブジェクト指向で作成していれば、それほど手間をかけずに変更することが出来るでしょう。
他の方が、その変更作業を行う際にも時間をかけずに変更が出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です